catch-img

タウンワークの掲載料金とオプション&枠得プランやIndeedとの使いわけについて

タウンワークはリクルートから発行されている、フリーペーパーとWEBサイトの求人メディアです。地元での仕事さがしに特化したフリーペーパーは全国107のエリアで発行されています(2021年6月現在)

20年以上続いていて全国的にとても認知度が高いのが特徴ですね。
みなさんも駅やコンビニなどに置いてあるラックをご覧になったことがあるかもしれません。

また、最近はWEB版のタウンワークネットにアクセスする方も非常に増えており、

ユーザー数を見ると、Indeedなどの求人検索エンジンを除くと、実質的には業界トップの規模を誇る求人メディアとなっています。

全国の求人メディアのユーザー数を調べたこちらの記事もご参照ください。


▼全国求人メディアユーザー数ランキング

  【2021年最新版】全国主要求人メディア月間ユーザー数ランキングベスト100! | HRhacker 2021年版!令和最新版の求人メディアの月間ユーザー数を徹底調査し、ランキングにしました!どの媒体、求人検索エンジン、求人サイトで出すのかぜひご参照ください! HRhacker


ちなみに、私石井は新人の頃千葉県の鎌ケ谷市や船橋市あたりのエリアをタウンワークの営業からスタートしたので個人的にとても思い入れがあります。


昔ながらのフリーペーパーから、最近はネットだけのプランやボリュームプランなど企画が増えてきましたので、あらためてタウンワークの掲載料金やメリット、同じリクルートのIndeedとの違いについてまとめてみました。


「タウンワーク掲載した事ないな」
「今も掲載中だけど何か参考になる情報があれば聞きたい」
「Indeedなど求人検索エンジンとどう使い分ければ良いの?」


という方にも参考になるかと思いますので、ぜひ読み進めていただければと思います。


目次[非表示]

  1. 1.タウンワークのプランと料金の考え方
    1. 1.1.①掲載形態を決める
      1. 1.1.1.タウンワーク通常版(フリーペーパー+WEB版に掲載)
      2. 1.1.2.タウンワークネット(WEB版のみ掲載)
      3. 1.1.3.タウンワーク枠得プラン(長期・多枠掲載のボリュームプラン)
    2. 1.2.②掲載エリアを決める
    3. 1.3.③掲載時期を決める
    4. 1.4.④サイズを決める
    5. 1.5.⑤期間を決める
    6. 1.6.⑥オプションを決める
      1. 1.6.1.◆サーチローテーション
      2. 1.6.2.◆オウンドパック
      3. 1.6.3.◆社員強化プラン
      4. 1.6.4.◆アイプラス
      5. 1.6.5.◆モバイルセット
  2. 2.タウンワークの効果とIndeedとの使いわけ方
    1. 2.1.求人メディア vs 求人検索エンジン(自社採用ページ)
  3. 3.タウンワークの効果検証の考え方
    1. 3.1.検索結果一覧の見方と改善方法
    2. 3.2.求人情報詳細 遷移率の改善方法
    3. 3.3.応募完了数 遷移率の改善方法
  4. 4.まとめ:コスパ最強プランはTW枠得プランとA2サイズ!!


タウンワークのプランと料金の考え方


まずタウンワークのプランと料金についてまずあらためて確認してみましょう

詳細については、リクルートさんの公式サイトに公開されています。


  タウンワーク公式|求人広告の掲載検討なら(発行エリア・料金) リクルート|タウンワーク求人広告の掲載相談窓口です。タウンワーク、フロムエー、はたらいくなど、アルバイト募集、社員募集の広告掲載相談、掲載料金や発行エリアなどをご案内します。 タウンワーク公式|求人広告の掲載検討なら(発行エリア・料金)


でも、プランやエリア、オプションが色々あってわかりづらいですよね。。。

「営業マンを呼んで提案してもらおう!」という方は問題ないのですが

ご自身で検討いただく際の参考として、タウンワーク掲載前に検討する必要がある6つのステップをご紹介します。

  1. 掲載形式を決める
  2. 掲載エリアを決める
  3. 掲載時期を決める
  4. 掲載サイズを決める
  5. 掲載期間を決める
  6. オプションを検討する

「あ~、知ってる知ってる。」という方は読み飛ばしていただいて問題ありません。

「ちょっと詳しく知っておきたい」という方は、ぜひ読んでみてください。



①掲載形態を決める

まず最初に、タウンワークに掲載する際の「掲載形式」を決める必要があります。

タウンワークには3つの掲載形式があります。それぞれの特徴を踏まえた上で、選択しましょう。


タウンワーク通常版(フリーペーパー+WEB版に掲載)

いわゆる昔からある掲載プランです。

最近はフリーペーパー型の求人誌が少なくなりましたので、紙媒体に掲載できるというのはある意味貴重ですね。郊外や地方都市など、比較的フリーペーパーの影響力が強いエリアではこのプランがオススメです。

ちなみにフリーペーパーは主に駅構内、コンビニなど人が集まる場所にラックが設置されています。各エリア数万部程度が毎週発行されていると言われています。


タウンワークネット(WEB版のみ掲載)

外出が控えられる現状では、タウンワークでもWEB版からの応募が非常に増えています。平均すると応募の7~8割がWEB経由、そのうち8~9割がスマホユーザーとなっているというデータもあります。

そうなると、「WEBだけで良いんじゃない?」という企業さんも増えてきました。

そこで、タウンワークには昨年からWEBのみのプランが登場しています。フリーペーパーが発行されていないエリアでも掲載できるため活用の幅が広がりますね

また、WEBのみプランの場合には、「タウンワークオンライン」という代理店を通さずに企業が直接掲載できるプランもあります。ご自身で求人原稿を作れる人事の方は、代理店を通さずにこちらを申し込まれても良いかもしれません。


  【タウンワークオンライン】ネットでお得に掲載するならコチラ/タウンワーク こちらからタウンワークネットへ求人掲載ができます。はじめての求人広告掲載の方も安心して使える料金・システムです。アルバイト・パート・社員・派遣等、人材採用を検討する方必見です。掲載料金・価格表その他人材募集に役立つ情報もここから見られます。 https://townwork.net/twc/jobpost/lp/


タウンワーク枠得プラン(長期・多枠掲載のボリュームプラン)

枠得プランは、ネットだけで良い&とにかくたくさんの求人を掲載したい、という企業のためのボリュームプランです。

派遣会社さん向けだと、1ヶ月間掲載して10枠で3.4万円、直接雇用の企業さんだと1ヶ月掲載の10枠で4.5万円。しかも、掲載中に原稿内容の入れ替えが可能という、脅威の費用対効果で代理店泣かせの商品となっています(笑)

枠得プランについて詳細を知りたいという方は、こちらに詳しく解説した記事がありますのでご参考にしてみてください。


  なぜタウンワーク枠得プランはバイト・パートの大量採用に向いているのか | HRhacker ここだけの話、チェーン店での複数求人出すならタウンワーク枠得プランがオススメ!そもそもタウンワーク枠得プランってなに?応募単価を一気に下げる可能性があるタウンワーク枠得プランを紹介します。 HRhacker


②掲載エリアを決める

掲載の形式が決まったら、次はエリアを決めましょう。

基本的には、タウンワークの媒体コンセプトでもある勤務地周辺のエリアを選定するのがセオリーです。掲載エリアマップを元にどの版に該当するか確認しましょう。

「エリアの境界が微妙で迷うな…」という企業さんの場合には、都心より郊外のエリアを選択すると良いでしょう。通勤する人の流れに沿って考えるのがベストです。あるいは、今働いてくれているスタッフさんの通勤圏内を聞いてみても良いかもしれません。

ちなみに、1エリアに絞り切れない場合には、2エリアセット、3エリアセットもあります。

タウンワークネットや枠得プランでは、勤務地=掲載エリアが自動的に設定されるためエリアという概念はありません。


③掲載時期を決める

掲載形式と掲載エリアが決まったら、いつから掲載するかの時期を決めましょう。

タウンワークは基本、毎週月曜日の掲載となりますので、無理のないスケジュールかつ特集などを参考に決めましょう。特集スケジュールは3ヶ月毎に更新されるので、こちらから確認してみてください


  【公式】商品紹介パンフレット(メディアガイド・特集企画) | リクルート求人広告ネット 人材info メディアガイドは商品について料金・掲載プランなどより詳しく情報がまとまった案内パンフレットです。電子カタログ版が無料でダウンロード頂けますので求人募集の掲載をお考えの企業の皆様はぜひご利用ください。 【公式】商品紹介パンフレット(メディアガイド・特集企画) | リクルート求人広告ネット 人材info


枠得プランの場合には、営業日であればいつからでも掲載開始が可能ですので、代理店の担当さんと原稿作成スケジュールをご相談の上決めていきましょう。


④サイズを決める

フリーペーパーで掲載する場合には、誌面の原稿サイズも合わせて決める必要があります。

5cm四方のA1サイズ~1Pまで様々なサイズがあります。ちなみに、16Pや裏表紙などの特別な企画もあります。

ただ、今や多くの求職者がネットから応募するため、誌面で大きなサイズで掲載することでどれだけ費用対効果が上がるのか?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

はい、仰るとおりです(笑)

個人的には、いろいろなお客さんのお話を聞くと、A2サイズがコスパ最強だと考えています。A2サイズだと、誌面にはキャッチコピーやロゴなどの必要最低限の情報が掲載できて、ネット版には写真が1枚掲載されるます。

ちなみに、WEBのみのプランには特にサイズという概念はありません。


⑤期間を決める

掲載期間は基本1週間となりますが、長期掲載の2週、3週、4週というプランもあります。

期間については、採用期限や入社日、採用人数によって決めていただければ良いでしょう。

エリアによっては4週プランしかないものもあったりします。

また、枠得プランは1ヶ月~最長12ヶ月まであります。


⑥オプションを決める

多くの方が迷われるのが、オプションではないでしょうか。

タウンワークのオプションには以下の5つがあります。

  • サーチローテーション
  • オウンドパック
  • 社員強化プラン
  • アイプラス
  • モバイルセット

順番に、簡単な特徴とメリットについてご説明します。


◆サーチローテーション

通称「サチロテ」と呼ばれる、タウンワークネット版での露出強化オプションです。

タウンワークは現在ネットからの応募がメインとなっていますので、こちらは付けていただくことをオススメしています。

サーチローテーションには1と2、二種類の企画があり、サーチローテーション1はタウンワークネット版の検索結果の上下段、サーチローテーション2は上中下段に表示されます。


個人的には、サーチローテーション2をオススメしています。


◆オウンドパック

オウンドパックは、タウンワークの原稿内容がそのままAirワーク(旧ジョブオプLite)という採用ページ作成システムの原稿と連動し、さらにIndeedにも有料掲載されるという、リクルート媒体ツートップ夢のコラボプランです(笑)

Indeedは使っていないよ、という会社さんは付けても良いかもしれません。ただ、タウンワークとIndeedは運用のポイントが異なるので、個人的には別々に運用した方が良いと思っています。


◆社員強化プラン

こちらは、社員募集を行う場合にタウンワークネット上で上位表示されるオプションプランです。正社員・契約社員での募集を行う企業さんはご検討されても良いかもしれません。

サーチローテーションとどっちが良いかな、と迷われるかもしれませんが、

社員募集の場合、誌面のサイズを1周り小さくしてでも両方付けた方が良いです。

ただし、時間的に余裕がある場合には、社員強化パックをつけるよりも、掲載期間を長くした方が費用帯効果は良いと思います。


◆アイプラス

アイプラスとは、タウンワークネット版に掲載された原稿が、Indeedのスポンサー広告とフロムエーナビに掲載されるというプランです。

有料広告への露出度合いによって、アイプラス1、アイプラス2、アイプラス3と3段階の料金体系となっています。タウンワーク以外からの露出が増えるので、アクセス数が少ないなと感じる企業さんはつけても良いと思います。

個人的には、普通に掲載するだけならアイプラス1をつければ十分かなと思います。


◆モバイルセット

タウンワークの原稿とは別に、フロムエーナビのモバイル版にも2週間掲載される、というちょっと変わったオプションです。一見良さそうだなと感じるんですが、爆発的に効果が伸びた経験があまりないので、個人的には無理につけなくても良いと考えています。


以上がタウンワークのプランとオプションを考える6つのステップです。1つ1つ確認した上で、ピッタリのプランを決めてみてください。


タウンワークの効果とIndeedとの使いわけ方

続いて、よく聞かれるタウンワークの効果についてのお話です。

純に「タウンワークって効果良いの?悪いの?」といった漠然としたご質問に対しては、エリア・職種・条件によります、という漠然としたお答えにならざるを得ません。

そこで、ご質問の答えとズレますが、Indeedなどの求人検索エンジンとタウンワークなどの求人媒体の使いわけ方、そしてタウンワークの効果測定の流れについてご説明します。


求人メディア vs 求人検索エンジン(自社採用ページ)

まず最初に、タウンワークに限らず求人媒体と求人検索エンジンの求職者の特性を考えてみましょう。


【求人検索エンジン】=自分の希望するキーワードで検索で仕事を探すため、能動的と言われます。

【求人メディア】=媒体側に用意された条件や特集などの中から仕事を探すため、受動的と言われます。


誤解のないように補足させていただくと、受動的というのはメディアの特性のお話です。テレビや雑誌のように情報を整理・編集してお届けしてくれる情報を受け取るというイメージですね。

この特性を媒体選定に活かすのであれば、ものすごく簡単に言ってしまうと、

ターゲットを広くとりたいマスマーケティング的な告知は求人メディア

採用ターゲットを絞ってピンポイントで訴求したい場合には求人検索エンジン

を活用する方が向いていると言えます。


たとえば、「池袋でバイトしたい学生さん集まれ~」「あなたにピッタリの日払いのお仕事色々ご紹介します」みたいな求人であれば、エリアを広くとって求人メディアに掲載する方が候補者は多く集まるでしょう。

逆に「特殊な地域、特殊な仕事、特殊な資格、特殊な条件にピンポイントで当てはまる人募集」という場合には、求人検索エンジンやダイレクトリクルーティングが力を発揮しやすいと言えると思います。


ただ、多くの企業さんでは、「ある程度応募数も欲しいし、かといって対象外の応募が増えると困るし、どっちか微妙。。」という求人がほとんどだと思いますので、特性が違うという意味で両方併用してもらっても良いのではないかと思います。

決して営業トークではありません(笑)。特徴を理解して賢く使いわけて採用活動に活かしましょう。


タウンワークの効果検証の考え方

最後に、タウンワークの効果検証の考え方について見てみましょう。

フリーペーパーについては、お電話があったかどうかをご確認いただくありませんがWEBでご掲載いただいた原稿については閲覧数が書かれた「効果レポート」を代理店の担当者さんに言えば出してもらえます。


▼効果レポートの例

このレポートを元に、どのようにタウンワークの効果改善を行えば良いのかをご紹介します。


検索結果一覧の見方と改善方法

タウンワークWEB版の検索結果一覧画面に表示された回数です。

この数値が少ない場合にはそもそも検索でヒットしていない可能性があるため、表示回数を増やすためにサーチローテーションなどのオプションをつけたりタウンワーク以外からの流入を増やすためにアイプラスのオプションをつけたり、といった改善が考えられます。


求人情報詳細 遷移率の改善方法

WEB版の原稿が実際に求職者に見られた回数です。

上に、一覧からの遷移率というものがあるのですが、この数値が低い場合には、検索一覧画面に出てきたのにクリックされなかったということになります。
その場合、改善する必要があるのは検索結果一覧画面で表示される、職種名・給与・勤務地となるのですが、勤務地や給与は変えられないと思いますので職種名の前後にメリットとなりそうなキーワードを入れると効果的です。

この辺の考え方はIndeedとは違うので注意が必要ですね。


応募完了数 遷移率の改善方法

実際にWEB版から応募フォームを入力して応募完了した人の数です。ここでも、詳細からの遷移率という項目があります。

WEB版の求人原稿を見た中で応募した人の割合を示しています。この数値は平均して1%前後になることが多いため、もし詳細からの遷移率が低かった場合には、次回掲載時に原稿内容や条件を改善していく必要があります。

ちなみに、枠得プランでも効果レポートの数値は見ることができます。

この辺の話は、タウンワークの営業担当の方の仕事なんですが、考え方として理解しておいていただくと「タウンワークの効果を上げたい」という時に、スムーズに改善ができるのでぜひご参考にしてみてください。


まとめ:コスパ最強プランはTW枠得プランとA2サイズ!!

ここまでで6136文字もありました!相変わらず長~い文章をお読みいただきありがとうございました。

この記事を読んでいただいた方は、タウンワークの新人営業マンくらいの知識はついているはずです。(おそらく)


ぜひ、6つのステップに沿って自社の求人に最適なプランを選定し、ばっちり効果改善をして採用を成功させてください。

ちなみに、個人的に考えるコスパ最強プランはTW枠得プランですので、「迷ったら枠得!またはA2サイズ!」でも良いと思います。


そして、タウンワークでは受動的なメディアの特性から、偶然の発見性も期待できるという部分でIndeedなど求人検索エンジンと違います。


インビジョンでは、TW枠得プランとIndeedを併用して運用する手法も可能ですので、媒体戦略を一度見直されたいという企業様は、ぜひ一度お問い合わせください。


▼タウンワークを含めた採用戦略のお問合せはこちら

  お問い合わせフォーム | HRhacker HRhackerまたは採用についての質問、お問合せ、資料についてお問い合わせください。24時間365日受付中です。 HRhacker


石井 雄太郎
石井 雄太郎

インビジョン株式会社 取締役最高顧客責任者CCO  自営業、立ち上げ間もないベンチャー企業から人材派遣会社・大手チェーン店まで、6500社以上のあらゆる規模・業種の企業への人材採用提案・コンサル実績があります。アルバイト・中途採用・新卒採用に至るまで採用に関することならお任せください。 ▼Twitter https://twitter.com/yutaro_ishii ▼Instagram https://www.instagram.com/ishiiyutaro/


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき