catch-img

電気工事士の採用に使える求人サービス8選

今、採用が難しいと言われる電気工事士。
復興需要やオリンピック需要など景気の影響を受けやすいことに加えて、近年では求職者の価値観も多様化するなど、より難易度が上がっています。

また数年後には業界を支えるベテランの方々が多く引退をしてしまうなかで、若年層の入職者も大幅に減少していることから技術継承についても問題視されています。

電気工事士の資格を持つ人材は今後もより貴重な存在となっていきます。
今回はそんな電気工事士の採用に使える求人サービスをご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.電気工事士の採用におすすめの求人サービス
    1. 1.1.求人媒体
      1. 1.1.1.はたらいく
      2. 1.1.2.マイナビ転職
      3. 1.1.3.タウンワーク
    2. 1.2.求人検索エンジン
      1. 1.2.1.Indeed(インディード)
      2. 1.2.2.スタンバイ
      3. 1.2.3.求人ボックス
    3. 1.3.採用ページとして採用管理システムを導入する
      1. 1.3.1.engage(エンゲージ)
        1. 1.3.1.1.特徴
        2. 1.3.1.2.費用・料金
      2. 1.3.2.SONAR ATS
        1. 1.3.2.1.特徴
        2. 1.3.2.2.費用・料金
      3. 1.3.3.HRハッカー
        1. 1.3.3.1.特徴
        2. 1.3.3.2.費用・料金
  2. 2.電気工事士の求人はいつ掲載するのが良い?
    1. 2.1.求人媒体の場合
    2. 2.2.求人検索エンジン・採用管理システムの場合
  3. 3.電気工事士の採用は年々難しくなっている
    1. 3.1.人材需給のギャップがより顕著に
    2. 3.2.仕事の探し方が多様化してきている
    3. 3.3.現役の電気工事士が抱える悩み
  4. 4.電気工事士の採用はプロに相談してみては?


電気工事士の採用におすすめの求人サービス

求人媒体や求人検索エンジンを利用する前に、まずは今後の会社の方向性やどのような電気工事士を採用するのかを社内で話し合いましょう。会社の方向性や電気工事士の理想像が決まることで、どの求人媒体や求人検索エンジンを使えばよいのか、または採用管理システムを導入するのが最善なのか、とやるべきことが見えてくるからです。

もし社内で話し合う余裕がないのであれば、まずは無料でIndeedを始めてください。それだけで電気工事士から応募が入る可能性はあります。

求人媒体

電気工事士の確保に急を要するのならば求人媒体を利用しましょう。求人媒体はそのプランによって反響が変わったり、時期によって職種限定の特集が組まれるのが特徴です。「媒体もプランもたくさんあってよくわからない!」という場合は求人広告の代理店に相談して、予算に合った適切なプランを選ぶのが間違いありません。

はたらいく


地本志向が強い電気工事士やUターン就職を考えている電気工事士を採用するならはたらいく。はたらいくは未経験向けの求人が多く、リクナビNEXTよりもハードルは低め。ブルー業種にも強いといわれており、地元で働きたいユーザーと地場中小企業の橋渡し的存在です。

  • 都道府県版
  • エリア版

とエリアに合わせたリーズナブルな価格設定がされており、比較的手軽な規模感・予算感で掲載できます。また、1回目の掲載と雇用形態・募集職種(仕事内容)が同じなら、3ヶ月以内であれば半額で掲載できるといった特徴もあります。

【はたらいくの料金表はこちらから】

  【公式】はたらいくの掲載依頼・料金・流れなど|リクルート掲載相談窓口・人材info 地元志向の高い人材が集まる求人メディアはたらいくへの正社員・派遣社員求人募集の広告掲載はこちらから。掲載料金・掲載プラン・広告サイズや掲載の流れなどのご説明に加え人材募集に役立つ情報もご紹介しております。 【公式】はたらいくの掲載依頼・料金・流れなど|リクルート掲載相談窓口・人材info



マイナビ転職

他職種から電気工事士に転職を考えている人材を採用するならマイナビ転職がよいです。


その電気工事士の資格は人気が高く、20代・30代で第二種電気工事士の資格を取得し転職しようと考えている人は多くいます。

マイナビ転職は「転職意欲の高い20~30代の会員」がメインに利用しており、電気工事士への転職を考えている若者に求人で訴求できます。またマイナビ転職はエンジニア向けの専用サイトも開設しており、電気工事士の求人への導線も確保されているのも注目したいところです。

【マイナビ転職の料金表はこちらのお問合せフォームよりダウンロードできます】

  【公式】マイナビ転職掲載のご案内|求人広告・中途採用支援のマイナビ転職 お問い合わせ窓口 中途採用の求人広告掲載は、【マイナビ転職】にお任せください!求人広告掲載、中途採用をお考えの企業の人事様、採用ご採用担当者様向けのお問い合わせページです。求人掲載、中途採用に関するご相談・お問い合わせは、電話またはメールで受け付けております。 マイナビ転職掲載のご案内



タウンワーク


もし業務に電気工事士の資格が不要なのであれば老若男女問わず認知度が高いタウンワークもおすすめ。

定期的に「体を動かす/軽作業の仕事・警備・ドライバー・現場・工場」という特集が組まれるため、そこで電気工事士の求人をかけましょう。また北関東限定ですが、1週間分の料金で2週間分掲載できる「ブルー業種限定施策」というお得なプランが実施されることもあります。

【タウンワークの料金表はこちらから】

  アルバイト採用なら【タウンワーク】|リクルートの求人掲載問合せサイト 地域密着型のアルバイト採用メディア【タウンワーク】は、首都圏・東海・関西に加え全国主要都市で発行しています。アルバイト採用を考えの店舗や会社の皆さま、【タウンワーク】でより良い出会いを実現させてください。 https://townwork.net/twc/jobpost/lp/freepaper/


求人検索エンジン

求人検索エンジンは基本無料で利用できるものがほとんどなので予算に余裕がない場合はこちらがおすすめです。

求人の効果を高めるために有料掲載もできますが、その料金体系は求人媒体とは一味違います。電気工事士の仕事を探している求職者が求人を1クリックするごとに設定した費用が発生する、というような「クリック単価制」という仕組みです。

そのため電気工事士の人材が充足したら求人を停止すればその後料金は発生しませんし、チャージしたお金が残っている場合は、次に電気工事士の求人を再開するときまで残しておけます。

ただし求人検索エンジンは1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月…と求人の効果を長期的に分析し、クリック単価の調整や求人原稿の改善を図る必要があるため、求人の即効性を求めるなら求人媒体を利用しましょう

Indeed(インディード)

【クリック単価】
15円~1000円/1クリック

てがたく電気工事士の応募を集めるのであれば、Indeedはとりあえず利用しておいて間違いない求人検索エンジンの1つです。日本人の月間訪問者数は3460万人以上(2020年1月時点)で日本では一番利用されている求人検索エンジンです。


有名人を起用したCMなどで若年層の認知も高く、シンプルで求職者が仕事を探しやすいサイト設計になっています。

スタンバイ

【クリック単価】
30円~1000円/1クリック

ミドル・シニア層の経験のある電気工事士を狙うならスタンバイを利用しましょう。なぜならばスタンバイは「Yahooしごとカタログ」と連携している求人検索エンジンだからです。

Yahoo利用者の年代構成比は

<PC>
~10代:5%
20代:7%
30代:16%
40代:26%
50代:23%
60代~:23%


<スマートフォン>
~10代:2%
20代:18%
30代:19%
40代:23%
50代:26%
60代~:12%

(引用:Yahoo! JAPAN 媒体資料 ,2018年4月~9月平均)

となっており、スタンバイに求人が掲載されればYahooしごとカタログを利用する30代以上のユーザーの流入も見込めます。スタンバイも無料で始められ、電気工事士の求人効果を高めるための有料掲載も可能です。

  スタンバイ・yahooしごとカタログとは?知っていると差がつく30のコツ | HRhacker スタンバイとは株式会社スタンバイが運営する、Indeedと同じような求人検索エンジンです。またスタンバイはYahooしごとカタログと連携しておりミドル・シニア層からの応募を増やすためにはもってこいのサービスです。今回はスタンバイを利用する上で知っていると差をつけられる30のコツをご紹介します。 HRhacker


求人ボックス


【クリック単価】
25円~1000円/1クリック

男女を問わない電気工事士の採用であれば求人ボックスがオススメ。求人ボックスはIndeedに次ぐ求人検索エンジンです。女優の福原遥さんをイメージキャラクターとして起用しており女性に人気があります。

Youtubeの広告動画をご覧になった方もいるのではないでしょうか?



Indeedやスタンバイ、求人ボックスの違いについては下記をご覧ください。

  最強の求人検索エンジンの選び方「Indeed、求人ボックス、スタンバイ…結局どれがいいの?問題」 | HRhacker Indeed(インディード)、求人ボックス、スタンバイ。それぞれのキーワード別ランキングを一挙に大公開!お役立ち資料のダウンロードもございます! HRhacker



採用ページとして採用管理システムを導入する

採用管理システムは自社の採用ページの代用にもできる、人事の負担を減らしてくれるサービスです。採用管理システムで求人を作成し掲載することでIndeedやスタンバイなどの求人検索エンジンにも自動的に掲載される仕組みになっています。またそこからの応募対応も採用管理システム上で済んでしまうという優れもの。採用管理システムによって機能や料金体系は変わるので、自社にあったものを選ぶのが重要です。

  ワンオペ人事を救う神ATS(採用管理システム)をご紹介! | HRhacker 採用管理システムは応募から採用までの人事業務プロセスを管理するシステムです。応募者情報の一元管理機能や求人の拡散機能などを兼ね備えています。また採用管理システムによっては海外採用や外国人採用に強い、といった特徴があります。ぜひ採用管理システムについて学びましょう! HRhacker


engage(エンゲージ)

採用管理システムの王道といえばエン・ジャパン株式会社が運営するengageです。


特徴

★全国25万社以上が利用中
★Engageで掲載した求人は以下に自動掲載されます。

  • Indeed
  • Yahoo!しごと検索
  • Googleしごと検索
  • LINEキャリア
  • 求人ボックス
  • Facebook

★オプションをつけることで「エン転職」「エンバイト」にも掲載可能。

費用・料金

基本利用料:0円
※初期費用・維持費用・採用課金なし
※求人の掲載件数に上限なし

<Engageプレミアム(オプション)>

「LINEキャリア」への上位掲載や「エン転職」「エンバイト」にも求人掲載できる「応募課金型」のオプション。

(例)東京都勤務の求人の場合

「+10」応募:70,000円(通常価格)
「+30」応募:210,000円(通常価格)
「+50」応募:350,000円(通常価格)
※勤務地域や時期により費用やキャンペーンが異なります。詳細は窓口へお問い合わせください。
※「Engageプレミアム」以外のカスタムオプションもあります。(要問合せ)

SONAR ATS

採用管理システムのなかでも新卒・中途採用に力を入れているのがThinkings株式会社が運営するSONAR ATSです。

特徴

理工系・計算科学系の学生へ声がけをする就活サービス『TECH OFFER(テックオファー)』とAPI連携しており、オファーを受諾した学生のデータが自動でSONAR ATSに登録されます。
この2つを活用することで手間を掛けずに電気工事士を目指している理想の人材をピンポイントで採用できます。

費用・料金

「基本機能(プラン)」+「アドオン機能」の料金体系となっています。
※税抜価格

<パッケージプラン(登録条件人数~3000人までの場合)>

初期費用:0円
月額費用:約39,917円(年額:479,000円)
<ベーシックプラン(登録条件人数~3000人までの場合)>

初期費用:96,000円
月額費用:48,000円(年額:576,000円)
<アドオン料金>

初期アドオン設定費用:60,000円/1アドオン
月額費用:20,000円/1アドオン(エントリー人数~3000人までの場合)

HRハッカー

比較的安価で求人広告の高い拡散力を求めるならインビジョン株式会社のHRハッカーがおすすめです。

特徴

HRハッカーは9つの求人検索エンジンと連携しており、求人を登録することで

  • Indeed
  • スタンバイ
  • 求人ボックス
  • careerjet
  • SimplyHired
  • キュウサク
  • Google
  • Facebook
  • LinkedIn

へ自動的に掲載されます。

また広報メディア『ダシマス』にも連携しており、自社の魅力を日本全国に伝えられます。


費用・料金

必要最低限の機能だけを揃えたシンプルな採用管理システムなので、比較的安価で利用できます。


電気工事士の求人はいつ掲載するのが良い?

電気工事士の求人を掲載する時期は第二種電気工事士の試験日や合格発表美をベースに考えましょう。

求人媒体の場合

電気工事士を求人媒体で集めるなら、毎年行われる第二種電気工事士の筆記試験もしくは技能試験の1ヶ月後の月に掲載しましょう。通常試験の1ヶ月後に合格発表が行われます。そこに合わせて求人をかけることで新しい電気工事士を採用できる可能性が高くなります。

電気工事士の試験日程はこちらから確認できます。

  一般財団法人 電気技術者試験センター https://www.shiken.or.jp/

求人検索エンジン・採用管理システムの場合

電気工事士を求人検索エンジン、採用管理システムで集めるなら6月と10月が良いです。なぜならばこの2つの月は第2種電気工事士の筆記試験が行われる月だからです。GoogleTrendで「電気工事士」のキーワードを調べると、その時期によく検索されることがわかります。Googleユーザーの「電気工事士」への意識が高くなる時期に合わせてネットの求人を打つことで、応募率アップを見込めます。

(2021年6月23日『GoogleTrend』調べ)

もし電気工事士の採用で広告代理店に求人検索エンジンの運用を任せる場合は3月もしくは7月からスタートしてください。求人検索エンジンの運用はすぐに効果が出るものではなく、3ヶ月~4ヶ月かけて徐々に効果が出てくるものだからです。


電気工事士の採用は年々難しくなっている


人材需給のギャップがより顕著に

 電気工事士の過不足については一種・二種ともに復興需要やオリンピック需要により2018年頃から既に不足感が表れ始めています。また、今後の予測としては電気工事の減少を加味しても、高齢者の引退等により予測される工事量に大して電気工事士が大幅に不足していくことが考えられています。
 経済産業省の見通しとしては2020年頃からより顕著になると発表されており、目下、人手不足が進行している渦中にいることが分かります。中でも、第一種電気工事士に関しては2045年には2万4000人程度不足する見通しとなっています。
 このことからも各企業間での電気工事士をめぐる獲得競争はより熾烈になっていくことがうかがえます。

出典:経済産業省「電気保安人材の中長期的な確保に向けた課題と対応の方向性について

仕事の探し方が多様化してきている

 「働き方改革」という言葉もすでに馴染みのあるキーワードとなっているように、求職者にとって労働に対する価値観が大きく変化しており、それに伴い採用市場ではSNSを活用した採用など様々な採用手法が台頭しています。また、有効求人倍率も高水準を維持している中で、各業界で企業が「選ぶ採用」から求職者に「選ばれる採用」へと変化しており、産業を跨いで人材獲得の競争が行われています。
 その中で、電気工事関係の職に就く方の電気工事の認知のキッカケは「親族等、身内に電気工事士がいた」が53%を占めており、他の業界に後れをとっていることは否めません。今後の担い手となる若年層の囲い込みが他産業と比べて相対的に難しくなっていることが分かります。

出典:経済産業省「電気保安人材の中長期的な確保に向けた課題と対応の方向性について

現役の電気工事士が抱える悩み

若手の電気工事士は重労働、残業、休日出勤を嫌っており、人間関係で困っている人が多いことがわかりました。

以下のサイトで「電気工事士 辞める」などのキーワードで現役の電気工事士の悩みを調べました。

★Yahoo知恵袋

  Yahoo!知恵袋 - みんなの知恵共有サービス みんなでつくる便利でうれしい知恵の共有サービス。参加している方がお互いに知恵や知識をQ&Aで共有できるサイトです。 Yahoo!知恵袋

★教えてGoo

  質問&回答 (Q&A) コミュニティ 教えて!gooは、検索ではわからなかったあなたの質問をみんなで解決できるQ&Aコミュニティサービスです。総質問・回答数 4000万件以上。あなたの疑問・悩みもきっと解決します。 教えて!goo

★Twitter

  https://twitter.com/ Twitter


これらのサイトで電気工事士について調べてみると

  • 自分がイメージしていた電気工事士と業務内容が違っていた
  • 休日出勤が多く、なかなか休めない
  • 結婚を考えているが給料、休みの量が少なく会社に将来性も感じられない
  • 社長は人格者で人間として尊敬しているが、先輩が乱暴で無愛想、理不尽に怒られる
  • 他会社との共同作業で配慮するのがしんどい

というような意見が見られます。(2021年6月調べ)

一度自社の現環境と照らし合わせて、若手の電気工事士が抱く不安要素は無いのか、逆に優れている要素はどこなのかをまとめてから求人の内容を考えてみましょう。

例えば残業や夜間の作業、休日出勤があるなら少し見せ方を変えてみて

今や電気は日本人にとって、なくてはならないものになりました。だから私たちは緊急の電気トラブルが起きたとき、夜間や休日でも作業をすることもあります。
たしかにちょっとしんどいと感じることもあります。しかしそれ以上に電気工事士は日本人の暮らしを守る、素晴らしい仕事だと思っています。電気がなかったら、こうやってPCで求人の文章も書けないですし!…あ、きちんと夜間の手当や休日出勤の手当は出るので安心してくださいね!

のように書いてみるのはいかがでしょうか。(もちろん残業時間や休日出勤の頻度も求人票には記載するべきです。)

一見、求職者からするとマイナスな要素でも書き方を変えてるだけでプラスな要素に見せられますし、会社や採用担当者の想いも伝えられます。

電気工事士の採用はプロに相談してみては?

いかがだったでしょうか。最後に今回の内容をまとめます。

電気工事士の採用におすすめの求人媒体は

  • はたらいく
  • マイナビ転職
  • タウンワーク


電気工事士の採用におすすめの求人検索エンジンは

  • Indeed
  • スタンバイ
  • 求人ボックス

採用にあわせて人事工数を減らしたいなら

  • engage
  • SONAR ATS
  • HRハッカー

といった採用管理システム(ATS)の利用が適しています。

もし「電気工事士を採用するための魅力的な求人の書き方がわからない」「求人検索エンジンの運用がうまくいかない」…そんなときは採用のプロに相談するのが早いです。弊社は企業の魅力を引き出した「おダシ原稿づくり」を得意としており、求人検索エンジンの運用面ではIndeedシルバーパートナーに選ばれています。まずは一度電気工事士の採用における悩みをご相談ください。貴社に適した求人原稿や媒体をご提案いたします。

【お問い合わせはこちらから】

  お問い合わせフォーム | HRhacker HRhackerまたは採用についての質問、お問合せ、資料についてお問い合わせください。24時間365日受付中です。 HRhacker


宇野享平
宇野享平

インビジョン株式会社 鼓舞屋/主に求人原稿とHRハッカーのライティング、メールマガジンの配信をしています。最近は入浴剤にハマり中。


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード