catch-img

「HRハッカーの父の苦悩」2021年10月アップデート情報

「HRハッカーはプロダクトではありません。我が子です。」
我が子は毎月成長(アップデート)しています。なぜその機能をアップデートするのか、その背景をありのままのドキュメンタリーで伝えます。HRハッカー、および自社プロダクトの責任者だからこそ伝えられる開発秘話を紹介します。

10月はウィジェット機能を実装

我が子は10月の成長は「ウィジェット機能(埋め込み)」の追加です。

この機能によってブログや会社サイト等に貼り付けると、HRハッカーの募集要項へのウィジェットを埋め込むことができます。
要はホームページに訪れた求職者にもアプローチが可能になります。

※ウィジェット機能の使い方については
FAQページをご参照ください。


わ、気づかなかった、データは嘘つかない

HRハッカーの開発スケジュールは半年先まで埋まっています。我が子の成長する項目(機能追加)の意思決定の材料は「事業の方向性」は必要不可欠。それ以外にも「利用者の声」や「データ分析からの機能追加」があります。

我が子の成長する項目出しを考えていたときにGoogleアナリティクスでデータを分析していたら、ある法則を発見しました。

それは「自社ホームページ経由の応募率めっちゃ高くない?」

自社ホームページ経由とはHRハッカーを導入している企業のホームページの「採用情報」などにリンクを張ってくれていることです。

インビジョンでは採用ページの「覚悟ができた 舵をとる」をクリックするとHRハッカーのトップページに飛びます。

導入企業によってはまちまちですが、このように企業のホームページからHRハッカーの求人情報に移動できる仕組みを作ると、求人検索エンジンに頼らずとも求職者からの応募が見込めます。


デザイン、どうすっぺ、、んだ!まずは調査だ!


あ、すみません、本音でしゃべるときは気仙沼弁が出てしまいます。

ウィジェット機能の開発は10月に決定。となると重要になってくるのがウィジェットのデザイン。

ふと湧いて出てくるものでもありません。まずは世間一般的にどんなデザインになっているか調査をしました。


調査で使った実際の資料


Wantedlyやnote、はてなブログなどを参考にウィジェットのデザイン案を作成。

デザイン案詳細はこちらです。


最初に出来上がったデザインがこちらです。

微調整はあとにして、これでOK。

あとは開発チームが実装するのを待つだけです。

そして出来上がったウィジェット機能


ここの求人を「埋め込む」を押してコードをコピーして、サイトには貼り付けると

以下のように表示されて、「詳細を見る」をクリックすると求人詳細に移動します。

Indeedを有料掲載しているけど、なかなか応募が来ない、ターゲットを採用できないといった場合に、こちらのウィジェット機能の埋め込むのも施策の1つとして有りです。


我が子、その想いはインビジョンメンバーの想い



「HRハッカーは我が子」の想いは開発チームだけが想っているのではありません。

私たち、インビジョンメンバー全員がHRハッカーを我が子のように扱っています。
日々愛情を注ぎ、オンリーワンな存在になって欲しいと心から願っています。
ちなみにHRハッカーは9月13日が誕生日です。
今年は誕生日にサプライズ動画を作りました。導入企業のみなさま、代理店のみなさま、営業、CS、HRハッカーの母、HRハッカーの父による完全社内向けバースデイ動画です。

我が子、HRハッカーは喜んでいたと思います。

便宜上、HRハッカーを納品や売るという言葉を使うかもしれません。ただし、想いとしては「贈り物を届ける」気持ちです。

HRハッカー父として毎月成長を報告します。

HRハッカーの父として、今後はブログを通して毎月の成長を報告します。我が子がおがっていく成長をみてけらいん(成長していく様子を見てください)

小山 晃宏
小山 晃宏

元編集長 兼 HRハッカー開発責任者 兼 ときどきライター ときどき腰痛 コルセットは小山にとってのチャンピオンベルト プロレスバカ Twitter @oyama_invision


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード