catch-img

【戦略人事のリアルシリーズ】唯一無二のオリジナル組織図を作ってみた。

皆さんこんにちは〜!
ヒトの心理と幸せを探求する人間探求型人事こと、インビジョン株式会社の火起屋(戦略人事)、マコトです。
最近は内省して自分の思い込みを見つけることがマイブームでして、日々3000字以上の内省を繰り返してはニヤニヤしている毎日です。


さて、記念すべき、「戦略人事のリアルシリーズ」第1弾!
本当に現場で活きる!社内の取り組みを赤裸々に発信しちゃうシリーズです。

第1弾のテーマはオリジナル組織図編!
社内の体制をわかりやすくまとめた物である組織図。
社内での活用はもちろん、社外に向けての採用広報としても使える大事な人事のツールですよね。
今回は、その組織図を「よくある組織図」から「唯一無二の組織図」に変えたというお話。

どんな組織図を作ったのか、そのポイントや作り方、なぜ作ろうと思ったのかという背景まで包み隠さず紹介します!


戦略人事のリアルシリーズとは?


このシリーズを想いで始めるのか、どんな内容を発信していくのか?

本題に入る前に、「戦略人事のリアルシリーズ」について少し説明させてください。なにしろこれが第1弾なので。


戦略人事のリアルシリーズとは、冒頭でも述べたように、

現場で活きる!リアルに経験してきた人事情報を赤裸々に発信しちゃうシリーズです。


世の中、溢れている情報は理想論のノウハウばかり

実は、戦略人事のリアルシリーズは世の中への義憤から始まりました。


人事の皆さん、「会社を良くしたいっていう気持ちはあるんだけど、実際何をどうしたらいいのかわからないんだよ!」…って気持ち、ないですか?

なんとか調べてみても「本当にその情報って現場で活きるの?」みたいなノウハウだったり、「書いてあること、そんなうまくいくわけないじゃん」みたいな理想論だったり。


人事の領域は、ロジカルに課題解決できることばかりじゃありません。

求職者も、組織を作る一人一人も人間。人事は誰よりも人に向き合うポジションです。

十人十色の人がいるように、施策一つを展開するにも、複雑で本質的な問いを常に頭に浮かべながら進めていかなくてはなりません。人間ってやつはこう言っても動かないだろうからこうしようとか、これは本当に組織全体のためになるのか、一人一人の幸せに繋がるのかとか…。答えのない問いを考え抜く必要があります。


しかし、世の中に溢れる情報の多くは、そんな人事のリアルな苦労や葛藤を汲み取っているとは思えないのです。メディアのPV数を稼ぐため、それらしい情報を並べているだけ。(もちろん、全てがそうではないと思いますが)


世の中の人事が本当に欲しているのは「現場で活きるリアルな情報」のはず。

このシリーズが、その役割を担います。「っぽい」情報なんて、くそくらえです。


このシリーズでは、実際に戦略人事として組織や採用と向き合っている私が、実際に社内で行った施策やその時の人事の脳内等、何も隠さず!120%オープンに公開していきます。

扱う領域は、採用から組織開発の全て。つまり人事領域全てです!



世界観を表したオリジナルのデザイン組織図はコチラ!

では、早速本題に入りますよ。

まずは今回作った唯一無二のオリジナル組織図をドドンと公開!▼


・・・・・めっちゃ良くないですか??

いやあ、この組織図見るとニマニマしちゃいます。(冒頭から一人で笑ってばっかですね)
道ゆく人に「みてください!これ私の会社の組織図です!」って見せたいくらいです。うん。


「ただ絵で表しただけなんじゃないの?」と思うかもしれませんが、この組織図にはインビジョンの自社らしさが表現されているかつ、ちゃんと実用的なのです。

この組織図のこだわりやポイントは後ほど説明しますね。




なぜ、オリジナル組織図を作ったか?

一言で言えば、「ザ・普通」だったからです。

自社のブランディングと反していたんですよね。
ぶっちゃけ、普通の組織図ってなんか見る気失せませんか?下手したら人事と経営陣しか見てないんじゃないかな。


今となっては皆に自慢したい組織図になりましたが、ちょっと前まではザ・普通のどこにでもあるような組織図でした。


私たちの会社は「企業や地域のおダシ屋」です。(おダシ=らしさ)

今は全ての情報がコンテンツになる時代。

…というか、あらゆる情報を無添加発信してコンテンツにしていかなければいけない時代です。

そしてそこには自社のらしさを込めていかねばなりません。


そんな、おダシを誰よりも大事にしている会社なのに、組織図ザ・普通だったんです・・。(大汗)



▼1ヶ月前までこんな感じでした



神は細部に宿ると言われますが、神を細部に宿してなかったわけです。

これはおダシ屋として由々しき事態!

…ということで、組織図にもおダシを注ぐことにしました。



どうやって、オリジナル組織図を作ったか?


どうやって作ったのか、簡単にそのプロセスを紹介します。

全部で3STEP、期間的には3日ほどでで完了しました。


STEP1:組織図で表現したいことを明文化する

まずは組織図で表現したい内容を箇条書きで整理しました。

私たちの場合は、下記のような内容を考えました。

・ノンプロフィットとプロフィット(営利に関わるチームかどうか)がわかる

・ビジネスプロセス(お金の流れ)がわかる

・役職がわかる

・指揮系統がわかる

・雇用形態がわかる

・採用枠がわかる

・一人一人の名前と顔がわかる

・チームの呼称がわかる

・チームのミッションが視覚的にわかる

・インビジョンの思想が表現されている


STEP2:デザイン前におこす前段階の組織図を作成する

次に、デザインに起こしやすいよう、スプレッドシート(Google版のExcel)を使って組織図を作成します。

私たちの場合は元々の組織図があったので、STEP1の情報を追加し、修正しました。


▼こんな感じ


ここまでのSTEP1〜2までは、2時間ほどでできました。


STEP3:デザインにおこす

最後に、デザインにおこします。社内の出汁屋(クリエイティブチーム)に発注します。

出汁屋のメンバーとチャットのやりとりや2回ほど打ち合わせをし、理想の状態に近づけていきました。


「イイね!」となったら、完成です!(パチパチ)


私たちの会社は、3ヶ月に一回チーム目標を決め直すタイミングがあります。

そのタイミングで組織体制も見直すようにしているので、変更があれば

・人事がスプレッドシートの組織図を修正

・人事→出汁屋に修正依頼を発注という流れで更新していきます。


▶︎社内の役職や部署名を当てはめれば完成する「組織図のテンプレート」はこちらからダウンロード!





オリジナル組織図のこだわりポイント

今回、オリジナル組織図でこだわったポイントをいくつか紹介!


・インビジョンの思想が表現されている

この組織図、島になってますよね。

実はこれ、インビジョンの採用ページのデザインと合わせているんです。

採用ページのデザインは、インビジョンが「働く幸せを感じるかっこいい大人を増やす」という島(ビジョン)に向かって船を漕いでいるイラスト。


この組織図は、その島にたどり着いた後の場面。

船から陸地に着いた船員が、ビジョン実現のために島を開拓している様子を表現したのです。



・ビジネスプロセス(お金の流れ)がわかる

左上の浜辺に着港した船。そこに陣地を敷き、本陣にしました。(ここがノンプロフィット…つまり人事や経営企画などバックオフィス系のチームを置いています)

そして橋を渡った先は開拓地。プロダクト開発とマーケティングから始まり、セールス、顧客対応を行うカスタマーサクセス…と実際に顧客と関わる順番で各チームが配置されています。



・チームの呼称とミッションが視覚的にわかる

各チームには「呼称」があり、さらにそのチームのミッションが視覚的にわかるようイラストが配置されています。

お金の流れがわかり、加えてイラストがあるため、さらにチームが何をしているのか、どう関わっているのかがわかりやすくなりました。


呼称もチームミッションが彷彿できるような名をつけています。

マーケティングチームであればおダシの旨い香りを顧客にかがせる「扇屋」であったり、お問い合わせからアポイントを獲得するインバウンドセールスであれば、顧客の持つ会社を良くしたいという火種を大きくする「火種沸騰屋」であったり、求人原稿やメディア記事を書くカスタマーサクセスのライティングチームは「言霊屋」であったり。社内ではこちらの呼称で呼び合うようにしています。まだ完全には浸透しきれてないので、現在浸透させ中です。笑


・採用枠の見える化

顔なしのアイコンをつけることで、採用枠をわかるようにしています。こうすると、社内で採用の共通認識を持てるのはもちろん、採用広報としても効力がよりパワーアップするからです。

この唯一無二のデザイン組織図をコンテンツとして発信するだけでも、求職者の目を引くと思いませんか?

ザ・普通の組織図ってあんまり面白くないので、求職者的には見ても頭に入ってこない場合がほとんどなんじゃないかなあ。

でもこの組織図であれば、ちゃんと見てくれる率が絶対に高まるので、求職者の志望度や理解度が上がります。



他にも、指揮系統がわかるのはもちろん、役職を色でわかるようにしていたり、一人一人の顔と名前をわかるようにしていたり、いくつかポイントはありますが、この辺にしておきます。




オリジナル組織図、作ってみてどうだったか?

さて、唯一無二のオリジナル組織図を作って見たわけですが…実際作ってみてどうだったのか?

実感できたGoodポイントや、今後やっていこうと考えていることをご紹介。


実感しているGoodポイント

・新入社員や外部の方に、超絶説明しやすい!

・説明される側としても覚えやすい(顔と名前が一致できる、チームミッションや関わりがわかる)

・役職、雇用形態含め、組織を俯瞰するための情報が網羅されている&見やすいので、ここさえ見ればOK的な感じで余計なやりとりが削減された

・会議室やホワイトボードに印刷した組織図を貼ることで、社内でも活用してもらえるようになった

・自社のらしさを説明する時の一つの材料として使える


今後やっていきたいこと:採用広報に使う

・自社コンテンツの一つとして、採用ページでアウトプットする

→追記:実装完了!(やった〜!)

・組織図から、「スタッフ紹介ページ」(一人一人が書いた自己紹介。人気コンテンツです)や社員インタビュー記事に飛べるようにする。

そうすると、求職者の志望度アップ!また、自社についての理解を深めてもらえる

→追記:実装完了!(やった〜!)

・このデザイン組織図を使って、社内研修用のテスト作ろうかな〜?なんて考え中。

 (各チームミッションとコミュニケーションラインの理解度をはかるテスト)




唯一無二のオリジナル組織図を作ってご機嫌に。

と、いうわけで!いかがでしたか?

こんな世界観ダダ漏れの組織図、みてるだけでご機嫌になっちゃいますよね。


オリジナル組織図は、自社の採用広報やブランディングにもなるし、今後の時代を考えると必要なもの。ぜひ、この記事を参考にして作ってみてくださいね〜!


とはいえ、「自社の世界観表現していきたいけど、そもそも自分たちのらしさってなんだ…?」と自社らしさがわからない企業さまも絶賛サポートするので、気軽に問い合わせください!


▼社内の役職や部署名を当てはめれば完成する「組織図のテンプレート」はこちらからダウンロード!(画像をクリックしてくださいね)



では、「戦略人事のリアルシリーズ」第1弾!

唯一無二のオリジナル組織図を作ってみた。でした〜!

次回も赤裸々に人事のリアルを発信しますよ。お楽しみに!


唯一無二のオリジナル組織図を作ってご機嫌に。



おまけ

(この記事の挿入画像を撮影したくて、ホワイトボードに文字を書いたのですが、ペンが油性だった悲劇の図・・・・)





坂牧真
坂牧真

インビジョン株式会社 戦略人事 世界一周を果たしたインドア人間。真理と心理の追求者 生きづらい人の心をほぐしたい Twitter:@hoghog1122


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード