組織の火種くすぶってませんか?
採用の入り口から燃え上がれ!

組織を変える求人原稿の書き方

どんなにいい薪(=自社の魅力や明確なビジョン)が
あっても採用の入り口が湿っていては、組織に火はつかない

燃え上がらない採用あるある3選

①求人出してるけど
応募が来ない。
②面接にくる人が
”自社的に”イケテナイ。

③入社した人が
1年以内に辞めてしまう。

採用が燃え上がらないのは…
配信媒体や運用の問題ではなく、採用の入り口=求人原稿かも!!

良い薪が燃え上がらないシケシケ原稿

①ターゲット行方不明
誰に向けて書いた求人原稿? どんな「人」を求めてるんだっけ?
ただなんとなく書いても、ターゲットは振り向いてくれないんです。

②テンプレ求人原稿
簡単な仕事内容と条件だけ… どこにでもある求人原稿で、
自社の魅力発信できますか?ありきたりなテンプレ原稿では、求職者から選ばれません。

③アピールが空振ってる
“知って欲しいこと”だけじゃなく、求職者が”本当に知りたいこと”書かれてる?一方的な情報だけで、空振ってないですか?
「ウチ、いい会社だと思うけどなぁ」
「待遇や福利厚生、従業員のために整えているのに…」
「そもそも、出会いたい人に出会える求人原稿ってなに?」
そんなお悩みや疑問、
ノウハウと情熱で解決させてください!
燃え上がらない採用を脱して、
組織に火をつける
「炎」の人材に魅力を届ける!
年間採用単価4,500円・応募単価315円・応募数2,500を実現する
インビジョンの求人原稿作成ノウハウを公開!